外壁塗装

外壁塗装は、見栄えの悪くなった外壁をきれいにするために行うものとお考えではありませんか?
実は、外壁塗装には美観を取り戻す以外にも、雨や紫外線からお住まいを保護するという役割があります。

塗装の本来の役割は後者の方で、塗料の膜が外壁表面を覆うことで、内部に水が染み込んだり、紫外線で劣化するのを防いでいます。

塗り替えの時期は、立地条件や塗料の種類などにもよりますが、10年が目安とされています。塗装から10年近く経つと、塗装の効果が弱まり、やがて外壁に劣化の症状が表れます。
最悪の場合には、雨漏りが起こることもありますので、劣化の症状を見つけられた際は、お早めに塗り替えをご検討ください。

ここが肝心!塗装の役割

■外装材の保護

外壁がむき出しの状態になっていると、雨や湿気、紫外線、乾燥などによって、瞬く間に劣化してしまいます。
定期的に塗り替えを行うことで、外壁材を長持ちさせることができます。

■機能性をプラス

塗料には、防カビや防汚、抗菌など、さまざまな機能を持つものがあります。中でも冬場や夏場でも安定した室内環境を維持できる、遮熱・断熱性能を持つ塗料は高い人気を集めています。

■外観を整える

長い年月で汚れたり、ひび割れの入った外壁に行う塗装工事は下地の修繕から行うため、施工が終わった時にはまるで新築のように美しい姿を取り戻します。

このような症状はありませんか

外壁の塗り替えの目安は、条件にもよりますが7~10年が目安です。
前回の塗装工事から同程度の年月が経過していれば、以下のような症状が外壁に表れていないか一度ご確認ください。
もし症状が表れていれば、塗り替えの時期に来ています。

●壁のひび割れ

一見何事もないように見えても、よく見ると無数にひび割れが入っていることもありますので注意して確認ください。

●壁を触ると白い粉が付く

壁を触った時に手に白い粉が付く場合は、塗料が劣化によって粉状になっています。

●コケ、藻が生えている

コケ、藻が生えているということは、外壁の防水効果がなくなっていることを示しています。

●コーキングが切れたり、ひびが入っている

壁の隙間を埋める目地が劣化していれば、そこから建物内部に水が浸入していることが予想されます。

交野市で外壁塗装のことなら自社施工のイマイ塗装店へ

【TEL】0120-987-516
【所在地】大阪府枚方市氷室台1-31-13
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】枚方市を中心に近畿一円

一覧ページに戻る